きしんだ髪の救世主、髪染めの後に

白髪染め専門のシャンプーできしみなし

髪染めのあとに、髪のきしみがきになることはありませんか。これは白髪染めをしたときにキューティクルが開いたままになっていて、それがきしみとして感じられるようになっています。

 

髪を洗うときには、髪同士の摩擦を避けて、丁寧にキレイに洗ってあげないといけません。ただ、白髪染めの染料は、けっこういつまでも残っているので、できれば2度洗いをしたほうがいいですね。

 

髪同士をこすりつけないで、シャンプーを良く泡立てて優しく洗い上げます。カラー用のシャンプーやトリートメントを使うと髪のダメージを最小限にすることができるでしょう。

 

市販のシャンプーには、アルカリ性に傾いた髪をもとにもどしてくれるものはあまり見つからないので、髪染め専門の、弱酸性タイプのシャンプーをつかうと、このきしみが気にならなくなります。

 

クエン酸を含むものなら、開いたキューティクルを早くもとに戻してくれます。だからこそ、出来ればカラー用のシャンプーを使ってきしみを防止したいものですね。髪の健康を労りつつ、お洒落を同居させるのは、髪の声に耳を傾けることです。

 

白髪染めをするなかでも、この染めたあとのお手入れをしっかりすることで髪の仕上がりが一段も二段も違ってくるに間違いありません。

白髪染め関連サイト